英語コーパス

SIG

概要

英語コーパス学会のSIG(Special Interest Group)は2017年4月の理事会で承認されたもので,特定のテーマの下に構成される,研究会の開催等を目的としたグループです(2017年9月30日の総会にて会則変更が認められた時点で正式な発足となります)。コーパス言語学は方法論としてさまざまな学問領域に影響を与えており,本学会でも毎年,歴史言語学,理論言語学,社会言語学,認知言語学,語用論,文体論,辞書学,外国語教育といった分野での発表があります。会員の皆さまの研究分野も多様化している中,英語コーパス学会の将来像を考えた時,より具体的なテーマでの研究グループの活性化が会員の皆さまのニーズを満たすのではないかとの期待のもとにSIGの制度が作られました。


基本的に会員5人が集まれば,どのようなテーマでSIGを立ち上げてくださってもかまいません(例:「コーパスとCEFR」,「コーパス・ツール」,「コーパスと統計」,「アノテーション」など)。詳細は下記の規程をお読み頂き,「研究会設立趣意書」を事務局宛にお送りください。


※英語コーパス学会東支部の記録についてはこちらをご覧ください。

書式

研究会規程 PDF
研究会設立趣意書 WORD / PDF
研究会解散届 WORD / PDF

ESP研究会(JAECS SIG on ESP)

代表 : 石川有香(名古屋工業大学)
副代表: 藤枝美穂(大阪医科大学)

紹介文準備中

DDL研究会(JAECS SIG on DDL)

代表:中條清美(日本大学)
副代表:佐竹由帆(駿河台大学)
コーパス言語学の発展とともに,大規模に集積した言語データを外国語教育分野へ応用することが求められつつある。コーパスを利用した言語学習はData-Driven Learning(データ駆動型学習,DDL)と呼ばれ,コーパスとして集積された言語事例から,学習者自身がことばの意味・形式・用法の規則性を発見する帰納的な学習過程をたどる。DDLによる外国語教育に関しては,先行研究の結果を統合するメタ分析を行った研究論文が公刊され始め,DDLの効果は他の指導法と比べても極めて高いことが明らかにされている。DDL SIGでは,コーパスを利用したDDLの実践事例や理論的基盤を広く共有することで,コーパス言語学を外国語教育のインターフェースとして機能させることを目指す。

コーパスとCEFR研究会(JAECS SIG on Corpora and CEFR)

代表:投野由紀夫(東京外国語大学)
副代表:内田 諭 (九州大学)

紹介文準備中

語彙研究会(JAECS SIG on Lexicology)

代表:石川慎一郎(神戸大学)
副代表:杉森直樹(立命館大学)

本SIGは,コーパスを用いた英語語彙研究の多角的発展を目指して活動を行います。
現在は,会員の研究背景を尊重しつつ,主として以下の論点について関連研究者の交流の深化と研究の推進を図っています。

1)コーパスを生かした一般語彙選定:いわゆる重要語や核語彙をどのようにしてコーパスから抽出できるか?近年発表されているコーパス準拠の語彙表はそれぞれどのような特性を持つか?GSLの課題はどこにあり,それはどのようにして克服できるのだろうか?今後の語彙表開発において,頻度以外にどのような観点を量化して組み込むことができるか?

2)コーパスを生かした専門語彙選定:一般的な重要語と専門語彙はどのように線引きされるべきか?
AWLの課題はどこにあり,それはどのようにして克服できるのだろうか?専門語彙を抽出するにはどのようなコーパスが必要になるか?
語の持つ専門語彙性は時代の変化のなかでどの程度安定しているのだろうか?EAP語彙表を開発する場合,どのような変数を組み込むべきか?

3)コーパスを生かしたコロケーション研究:コーパスから抽出された単語連鎖といわゆるコロケーションの差はどのように定義できるか?単語連鎖からコロケーションを自動抽出するにはどのような手法がありうるか?
コロケーション研究と語彙研究はどの程度まで相互独立的なものだろうか?

4)コーパスを生かした語彙学習教材・プログラムの開発研究:重要語の自習支援のために,これまでにどのようなプログラムが開発されており,それぞれどのような特性を持つか?今後同様のプログラムを開発する場合,コーパス言語学からどのような貢献が可能になるだろうか?

5)学習者コーパスを生かした学習者のL2語彙習得研究:学習者の使用するL2語彙の質と量はどのようなものか?
学習者の使用する語彙は学習年数・習熟度等とどの程度連関しているか? 語彙力は習熟度の予測因子になりうるだろうか?
語彙習得におけるある種の壁はどの段階に存在するのだろうか?
学習者の語彙習得をモデル化する場合,個人差という要因をどのように統制できだろうか?
学習者の語彙習得のモデル化を行う上で,コーパス言語学の手法に心理言語学的な実験手法をどのように組み合わせることができるだろうか?

6)認知言語学・辞書学などの関連理論を背景とした多角的な語彙研究:認知心理言語学の枠組みから,母語話者・学習者の語彙使用についてどのようなことが言えるだろうか?
コーパス語彙研究の成果を辞書に反映する際,これまでにどのような工夫が行われており,また,今度どのような工夫がありうるであろうか?

本SIGは誕生したばかりで,本格的な活動はこれからです。以上のような論点にご興味をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。希望者は,石川慎一郎(神戸大)まで,お知らせくださいませ。

ツールと統計手法研究会(JAECS SIG on Corpus Tools and Statistical Methods)

代表:アントニ ローレンス(早稲田大学)
副代表:水本 篤(関西大学)

紹介文準備中

PAGE TOP

英語コーパス学会事務局
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 成城大学社会イノベーション学部 石井康毅研究室気付
E-MAIL: