英語コーパス

SIG

概要

英語コーパス学会のSIG(Special Interest Group)は2017年4月の理事会で承認されたもので,特定のテーマの下に構成される,研究会の開催等を目的としたグループです(2017年9月30日の総会にて会則変更が認められた時点で正式な発足となります)。コーパス言語学は方法論としてさまざまな学問領域に影響を与えており,本学会でも毎年,歴史言語学,理論言語学,社会言語学,認知言語学,語用論,文体論,辞書学,外国語教育といった分野での発表があります。会員の皆さまの研究分野も多様化している中,英語コーパス学会の将来像を考えた時,より具体的なテーマでの研究グループの活性化が会員の皆さまのニーズを満たすのではないかとの期待のもとにSIGの制度が作られました。


基本的に会員5人が集まれば,どのようなテーマでSIGを立ち上げてくださってもかまいません(例:「コーパスとCEFR」,「コーパス・ツール」,「コーパスと統計」,「アノテーション」など)。詳細は下記の規程をお読み頂き,「研究会設立趣意書」を事務局宛にお送りください。


書式

研究会規程 PDF
研究会設立趣意書 WORD / PDF
研究会解散届 WORD / PDF


※英語コーパス学会東支部の記録についてはこちらをご覧ください。

PAGE TOP

英語コーパス学会事務局
〒157-8511 東京都世田谷区成城6-1-20 成城大学社会イノベーション学部 石井康毅研究室気付
E-MAIL: